簡単でおいしい!
簡単でおいしい!

★水出し紅茶 (アイスティー)

 

【基本分量:ティースプーン山盛り1杯・2~2.5g=約200cc】

 

<1リットル分>

お茶だしパック…2袋
茶葉…おおさじ1杯=10gほど(子ども・PF1がおススメです)
水…1,000cc

 

※茶葉が膨らむので、お茶出しパック1袋につき約5g(ティースプーン山盛り2杯)を入れるのが最適です。ティースプーンのかわりに、コンビニでもらえるデザート用のプラスチックスプーンでも同じ分量でOKです。

以前はお茶出しパック1袋に10gの茶葉を入れる方法でご紹介していましたが、1袋=5gにしたほうが抽出がよく、よりおいしくなると判明しましたので訂正いたします。

 

 市販のお茶だしパックに、茶葉を入れる。(1袋につき茶葉5g=水500cc分)

 きれいに洗った容器に水を注ぎ、用意したお茶だしパックを入れる
 常温で3~4時間、冷蔵庫なら5~6時間入れたあと、お茶だしパックを取り出して、できあがり

 

 ※ 市販のお茶だしパックを使って手軽に作るやり方。濁りのないきれいなアイスティーが作れます。お湯で作るより、カフェイン濃度は低めです。
※ 冷蔵庫で保存できますが、衛生のため、なるべく早めに飲みきってください。
※ ちなみに、油のついたお皿など、使い終わったお茶だしパックでひと拭きすると、油を吸着してくれます。お皿洗いの前に使ってみてください。

※ ケニア国内では、衛生上、水出し紅茶は飲まれていません…、念のため。

 

ポレポレだけど、

東京事務所で

ブログも更新中です

kwa bidii!