温めた牛乳100%でつくる、ぜいたくなミルクティーをご紹介いたします。

 

ふつう、温めた牛乳に茶葉を入れると、茶葉が牛乳タンパクによってコーティングされて、紅茶のおいしさが抽出されにくくなりますが、「ケニア山の紅茶」の子ども(PF1)なら、紅茶の色も味もしっかり抽出されて、おいしいミルクティーをつくることができます。

 

土に還る安心素材で作られた「お茶がおいしく出るパック」を使って、贅沢ミルクティーをマグカップに作ってみましょう。

 

☆用意するもの

300mlほどの大きめのマグカップ…1つ

牛乳…マグカップ1杯(おすすめは低温殺菌牛乳)

お茶出しパック…1枚

茶葉…5~6g(いつもより少し多めに)

 

☆作り方

①牛乳を温める

②お茶出しパックに茶葉を入れる

③温めた牛乳に、茶葉を入れたお茶出しパックを入る

④4分ほど抽出してから、お好みで砂糖を加える

⑤スプーンでかき混ぜて召し上がれ

 

【メモ】2杯目もいけますよ♪

面倒くさがり屋さんは、時間のあるときに、お茶出しパックに茶葉を入れて自家製ティーバッグを作り置きしておきましょう。保管容器にいれておけば、いつでも使えて便利。